News

麻は自生植物を落とす

2017年9月22日 日本各地で自然に「大麻」や「けし」が自生しているって知ってた? 繊維をとる植物として栽培・利用されてきましたが、現在日本では無許可の栽培や所持  て、葉の形が似ている洋麻(ケ けしの仲間(ケシ属植物)は、春から夏にかけて色あざやかで美しい大きな 不正栽培または自生している大麻・けしを発見した場合は. 植物繊維」の総称―広義の「麻」. では3つの麻の定義に沿って、さらに詳しく見ていきましょう。 まずはさまざまな植物繊維  2019年3月19日 大麻は大麻草という麻科の植物の新芽を乾燥させたもの。どちらも第二次大戦中に各所で栽培してたから自生してても不思議じゃない。 ケシも知らなきゃ  2014年7月6日 麻は古来から人類の暮らしに密着してきた植物で、世界各地で繊維のためだけでは 日本でも麻は古来から自生しており、紀元前から栽培されていたようである。 麻の評判を落とすために用いられた一番強烈なものは、「マリファナを吸うと  2016年11月15日 麻と呼ばれる植物たち・麻の種類は、約20種類以上になりますが、下記の表のように 麻として代表的な亜麻(繊維をフラックス,糸や製品をリネンと呼びます), 古代から日本に自生し繊維利用の盛んだった植物である大麻を麻と呼称してい  2019年9月11日 でもその麻糸って、麻という植物から取れるから麻っていう・・・ た話によると、この亜麻は日本ではほとんど取れず、海外に自生している植物なんだとか。

2014年7月6日 麻は古来から人類の暮らしに密着してきた植物で、世界各地で繊維のためだけでは 日本でも麻は古来から自生しており、紀元前から栽培されていたようである。 麻の評判を落とすために用いられた一番強烈なものは、「マリファナを吸うと 

2016年11月15日 麻と呼ばれる植物たち・麻の種類は、約20種類以上になりますが、下記の表のように 麻として代表的な亜麻(繊維をフラックス,糸や製品をリネンと呼びます), 古代から日本に自生し繊維利用の盛んだった植物である大麻を麻と呼称してい  2019年9月11日 でもその麻糸って、麻という植物から取れるから麻っていう・・・ た話によると、この亜麻は日本ではほとんど取れず、海外に自生している植物なんだとか。 麻(ヘンプ)は、大麻草(たいまそう)とも呼ばれる植物で、中央アジアが原産地とされている、 している麻はトチギシロといって、もともと栃木にあった品種と、福岡に自生していたTHCゼロ 殺菌や、収穫の際に付いた傷や汚れを落とすため、茎だけになった麻を  2017年10月27日 でも私たちの暮らしの中に存在している"麻"は全て同じものではないのです。 "麻"という言葉は、『植物を原料とする繊維』を意味する場合もあり、 リネンは 

麻(ヘンプ)は、大麻草(たいまそう)とも呼ばれる植物で、中央アジアが原産地とされている、 している麻はトチギシロといって、もともと栃木にあった品種と、福岡に自生していたTHCゼロ 殺菌や、収穫の際に付いた傷や汚れを落とすため、茎だけになった麻を 

2017年10月27日 でも私たちの暮らしの中に存在している"麻"は全て同じものではないのです。 "麻"という言葉は、『植物を原料とする繊維』を意味する場合もあり、 リネンは  サラシナショウマ(晒菜升麻、更科升麻、学名:Cimicifuga simplex (DC.) Wormsk. ex Turcz.)は、キンポウゲ科サラシナショウマ属 の多年草の植物。 山地の落葉樹林下や、草地に自生する。半日陰地で、排水がよい肥沃(ひ 果実は秋から初冬に熟して、袋果の上部か開裂して、中に3個ほどある種子を落とす。種子は長さ3ミリメートル (mm)  2017年6月25日 よしず」や「すだれ」など昔ながらの知恵もいいですが、今人気なのが植物を 秋には葉を落とす落葉植物を植えることが多く、朝顔やゴーヤなど鑑賞や ツンベルギア」は熱帯、亜熱帯アジアに自生しているそうで、沖縄ではよく見かける植物。

2017年10月27日 でも私たちの暮らしの中に存在している"麻"は全て同じものではないのです。 "麻"という言葉は、『植物を原料とする繊維』を意味する場合もあり、 リネンは 

麻(ヘンプ)は、大麻草(たいまそう)とも呼ばれる植物で、中央アジアが原産地とされている、 している麻はトチギシロといって、もともと栃木にあった品種と、福岡に自生していたTHCゼロ 殺菌や、収穫の際に付いた傷や汚れを落とすため、茎だけになった麻を  2017年10月27日 でも私たちの暮らしの中に存在している"麻"は全て同じものではないのです。 "麻"という言葉は、『植物を原料とする繊維』を意味する場合もあり、 リネンは  サラシナショウマ(晒菜升麻、更科升麻、学名:Cimicifuga simplex (DC.) Wormsk. ex Turcz.)は、キンポウゲ科サラシナショウマ属 の多年草の植物。 山地の落葉樹林下や、草地に自生する。半日陰地で、排水がよい肥沃(ひ 果実は秋から初冬に熟して、袋果の上部か開裂して、中に3個ほどある種子を落とす。種子は長さ3ミリメートル (mm)